【楽天市場】分かりにくいイベントの時に獲得できるポイントはこの3種類

楽天に関する情報サイトRakuuuuを運営しているティミー(_rakuuuu)です。

本日から2019年最後の楽天スーパーセールが開催されますね。年末に近づいてボーナスが入る方もいると思うので大きい買い物をされる方が多いのではないでしょうか。

わたしは去年の12月にジェネリックテレビやソファーなど合計10万円分購入しました。

たくさん買い回りもしたので1万ポイント近くのポイントを獲得することができました。

ですがスーパーセールにかかわらず楽天イベントの時のポイントのカウント方法って少しわかりにくいですよね。そこで今回はイベントの時のポイントのカウント方法を解説します。

合わせて読みたいスーパーセールの対策はこちらから

参考 【絶対損しない!】2019年12月楽天スーパーセールはこう対策しよう!Rakuuuu
この記事を読んで分かること
楽天イベントの時のポイントの数え方

イベント時に貰えるポイントの種類

スーパーセールやお買い物マラソンなどのようなイベントの時にもらえるポイントは大きく分けて3種類です。

①商品別にかかっているポイント(最大20倍)
②SPU16のポイント(最大16倍)
③買い回りポイント(最大10倍)

イベントの時にもらえるポイントは上記の3種類になるので覚えておきましょう。

商品個別にかかっているポイント”SPU16”買い回りのポイントにはベースの1倍分が重複されているのですべて達成したとしてもらえるポイントは

【ポイント最大44倍】
・ベース1倍
・商品別ポイント+19倍
・SPU16ポイント+15倍
・買い回りポイント+9倍

というふうになります。ベース1倍分がどれも重複しているので、ポイント最大44になりますがかなりポイントを獲得できそうですね。

上記の3つに関してあまりよく知らないという方もいると思うので1つずつ詳しく解説していきます。

商品別ポイント

こちらは商品別にかかっているポイントになります。検索結果で赤文字で倍となっているのがその商品を購入することで獲得できるポイントになります。

楽天市場の商品の値段

上記の商品だと合計で891ポイント獲得することができますが表示が5+4倍になっています。これはポイントの種類で(SPUポイント+商品個別ポイント)という内訳で表示されています。

楽天市場の商品を購入する時に獲得できるポイント

上の商品だとショップポイントアップ分が+4倍になっていますね。商品個別にポイントがかかっていない場合はSPUのポイントしか表示されないようになっています。

SPU16ポイント

SPU16のロゴ

楽天市場のトップページなどの目につきやすい場所で”SPU16”に関しての表記がありますね。

少し前にはCMが放送されていましたが、SPUとは楽天グループサービスの利用状況によって楽天市場で買い物をする時にポイントの付与率が変わるというものです。

簡単にいうとたくさん楽天のサービスを使ってくれたらポイントをたくさんあげるよ!というものになります。16は獲得できる最大ポイント数ですが3年ほど前はSPU7からのスタートだったので今後も増えていくことが予想されています。

SPU16に関してのさらに詳しい記事はこちらから。

参考 【SPUとは?】累計8万ポイント以上獲得の私が解説【楽天市場】Rakuuuu

買い回りポイント

楽天のイベントでは1,000円以上の商品を複数店舗で買い回るごとに最大でポイント10がつきます。

2店舗で1,000円以上買い回ったらポイント2倍、5店舗で買い回ったらポイント5倍というふうに増えていきます。10店舗買い回りをすることによってイベント期間中に購入した全商品分がポイント10倍になります。

イベント期間中にエントリーが必要であったりするので以下の記事を読んでおきましょう。

参考 【絶対損しない!】2019年12月楽天スーパーセールはこう対策しよう!Rakuuuu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です