【永久保存版】楽天ヘビーユーザーが教えるいいお店と悪いお店の見分け方

商品が直接手に取れない楽天市場を始めとするネットショッピングで商品を購入しようか悩んで結局買ったけど、イメージと違ったであったり商品が壊れていたなど失敗したっていう経験が誰しもあると思います。

1度ネットショッピングで失敗してしまうと便利なネットショッピングも使いにくくなりますよね。

今回はネットでお買い物をしても失敗しない為の見分け方に関して紹介します。

この方法は楽天市場だけでなく、AMAZONYahooショッピングといった他のネットショッピングでも使える方法になるで永久保存版です。

この記事を読んで欲しい人
ネットショッピングを使って失敗した経験がある人
いいお店と悪いお店の見わけ方を知りたい人

見分けるポイント①【レビュー】

商品を買う前にはレビューは必ず見るようにしましょう。商品は画像やページの見せ方で盛れてもレビューは商品やお店のあるのままを教えてくれます。

よくあるケースが商品の価格が安かったとしても配送対応が遅かったり雑な梱包だったりするケースが非常に多いです。プレゼントを購入して安くてもラッピングが雑だったら台無しですよね。

商品の価格やポイント倍率に騙されずにしっかりレビューまで見る癖をつけましょう。

商品レビューが少ない場合

販売ばれたばかりの商品やニッチな商品はレビューが少なく判断しずらいですよね。

商品レビューが少なく判断できない場合は店舗レビューを見ましょう。店舗レビューは商品に関してだけではなく、スタッフの対応や配送・配送など全6項目に関してです。ショップレビューの見方はこちらから。

参考 【意外と知らない】レビューの書き方【楽天】<br /> Rakuuuu

許容範囲はレビュー4.0以上

私がこれまでお買い物をしてきたなかでレビューの点数の基準を付けました。

4.5~ :最高!!
4.0~4.4:期待値以上
3.6~3.9:じっくりレビューを見て判断
~3.5 :買わない

一度商品レビューが3.2のイヤホンを購入しましたが3日で充電出来なくなり壊れてしまいました。

たまたま当たった商品が不良品だったのかも知れませんが正直レビューが3.5以下の商品やお店は何かあっても自己責任だと思います。

3点台後半でも意外と多いのが以下のしょうなレビューが混ざっている場合があります。

楽天低評価レビュー

リピートで購入しており評価も悪くないのに星が1つ。

おそらく間違いだと思うのですが中には点数と内容が合っていないレビューも多くあります。

点数が低いから悪いと決めつけるのは早いのでレビューの中身もきちんと確認しておきましょう。

見分けるポイント②【受賞歴を見てみる】

楽天市場では毎年優秀な店舗を決めるShop of the Year(通称:SOY)と呼ばれる賞があります。

楽天が一方的に選ぶ賞ではなくユーザー投票や売上など複合的に選ばれる賞になっています。

2018年Shop of the Year受賞店舗はこちら

1位:ヒマラヤ楽天市場店(サイトはこちら)

ヒマラヤ楽天市場店レビュー

2位:タンスのゲン DESIGN THE FUTURE(サイトはこちら)

タンスのゲンレビュー

3位:くらしのeショップ(サイトはこちら)

くらしのeショップレビュー

4位:オシャレウォーカー osharewalker(サイトはこちら)

オシャレウォーカーレビュー

5位:A-PRICE楽天市場店(サイトはこちら)

A-PRICEレビュー

様々なジャンルのお店がありますがどのお店も共通して言えることはショップレビューが非常に高い点です。

どのお店もシュップレビューが4.3以上となっておりかなり評価が高いことがわかります。

また、Shop of the Yearだけでなく月間の優良店舗ショップを表彰するShop of the Monthもあります。

Shop of the Monthバナー画像

賞を受賞した店舗にはこのようなバナーが貼り付けられます。このバナーもレビューと合わせて購入するポイントにしてみるのも良いですね。

ワンポイントアドバイス

ずっと商品をリピートしているお店なら安心感もあって心配もないと思いますが、初めてのお店は少しドキドキしますよね。

個人的にはレビューを確認することで悪いお店に当たる確率が一気に減ると思うので

ショップの受賞歴はわかりにくいかもしれませんが、商品レッビューやショップレッビューは確認する癖を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です