【写真で解説】楽天ペイの使い方を小学生でもわかるように説明します

あたなの日常生活をラクにするお手伝いRakuuuu Timesを運営しているティミー(@_rakuuuu)です。

2019年の流行語TOP10にもランクインしたフレーズで、〜ペイというフレーズを聞いたことがあるひとはかなり多いと思います。

〜ペイというのはキャッシュレス用語で簡単に言うとお金を持っていなくとも商品が購入できるサービスの語尾にはペイがついているので総称して〜ペイと呼ばれています。

PayPayやラインペイなど様々なキャッシュレスサービスがありますが、今回は楽天ペイの使い方に関して紹介していきます。

この記事を読んで分かること
楽天ペイの使い方

楽天ペイアプリのインストール

楽天ペイアプリのインストールがまだの方はインストールをしましょう。楽天ペイと調べたら3種類くらい表示されますが赤いアイコンのものが正しい楽天ペイアプリになります。

楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリでキャッシュレス!

楽天ペイ-かんたん、お得なスマホ決済アプリでキャッシュレス!

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

楽天ペイでの支払い方法

楽天ペイで一番分かりにくい点として支払い方法が挙げられます。

大きく分けてQRコードを読み取る形式QRコードを読み取ってもらう形式2種類あるので覚えておきましょう。どちらも楽天ペイを開いた画面から支払う事が出来ます。

楽天ペイの使い方

QRコード読み取り形式

まずQRコードを読み取るタイプの決済方法から説明します。

写真のように楽天ペイのQRコードがあるところはQRコード決済が可能なところになります。

楽天ペイQRコード

ちなみにこの写真ははわたしの会社に設置されてあるオフィスグリコで

キャッシュレスで買い物ができるので重宝しています。

楽天ペイ画面スクリーンショット

ホーム画面の右下にある”QR読み込みの画面が表示されます。

カメラが起動されるのでQRコードを読み取りましょう。

楽天ペイ金額入力画面

読み取りが完了すると金額を入力する画面に切り替わるので商品の金額を入力して、”金額を確認”ボタンを押しましょう。

このタイミングでポイントを使って支払う事も出来ます。ホーム画面からも設定できるので覚えておくと便利です。

楽天ペイ金額確認画面

下にスライドボタンが表示されるので右にスライドして支払いが完了になります。

支払いが完了すると登録しているメールアドレスに支払いのメールが飛ぶので確認しておきましょう。

QRコードを読み取ってもらう形式

つづいてQRコードを読み取る方法に関してです。コンビニなどではこちらの決済方法の方が多いので読み取ってもらう方が多いです。

楽天ペイが使えるお店で楽天ペイで支払うことを伝えて楽天ペイの画面を見せましょう。店員さんに自分の画面のQRコードとバーコードを読み取ってもらいます。

楽天ペイTOPページ

画面が暗くて読み込めない場合には画面をタップすると明るくすることができます。QRコードを読み込んでもらうと決済が完了します。

楽天ペイが使えるお店

楽天ペイは大手コンビニ3社をはじめドラッグストアや居酒屋で使えるようになっています。クリスマス前のこの時期には行く人が増えそうなトイザらスも利用できます。

楽天ペイが使えるお店

使えるお店がどんどん拡大中ですがスーパーなどは対応していない店舗が多いので今後も注目ですね。

楽天ペイが使えるお店検索はこちらから

楽天ペイでもらえるポイント

通常楽天ペイ支払いで獲得できるポイントは200円につき1ポイントですが、2019年10月1日からキャッシュレス還元のキャンペーンなどもあり現在は特定期間中ずっと5%還元のキャンペーンが開催されていおります。

1弾が終了しましたが第2弾は2020年の119時~202032959分まで開催されています。事前のエントリーもできるので忘れないうちにしておきましょう。

便利な一方で

楽天ペイは非常に便利な一方でトラブルも起こっています。201911月末には楽天ペイが使えなくなるというトラブルが発生しています。

原因としては九州になるデータセンターの設備をメンテナンスしていたことに起因するもので直接のサービスやシステムの欠陥ではないようですが、財布を持ち歩かなくてもいいキャッシュレス時代はまだまだ先な予感がします。

これからキャッシュレスがさらに進んでいくと思うでの他のサービスなども出てきそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です